これから賃貸住宅を借りる場合には収納のことをよく理解しておこう!


基本的に賃貸住宅の収納が狭い理由

賃貸住宅を借りる場合、思った以上に収納が少ないと感じている人もいるはずです。賃貸住宅の収納は、持ち家の収納などに比べると狭い傾向があるでしょう。持ち家の場合には、各部屋に一つぐらい収納がある事が多いですが、賃貸住宅の場合には少ないところですべての部屋の収納を合わせても1か所、多いところでも2カ所程度しか収納がない場合があります。

なぜ賃貸住宅の収納が少ないかといえば、収納を多くしてしまうと賃貸物件の居住面積が必然的に狭くなってしまうからです。居住面積が狭い場合、家賃を安くしなくてはならない可能性があるため、必要最小限の収納面積にしておき、居住面積を増やすようにしています。そのため、これから賃貸住宅に住む場合には収納面積を増やすような工夫が必要になるでしょう。

収納を増やす時に気をつけておきたいこと

賃貸住宅で収納を増やすことは、決して難しいことではありません。最近は100円ショップなどでも収納を増やすための道具が販売されています。例えば、トイレットペーパーの置き場所がなければトイレの上の方につっかえ棒と30センチ四方ぐらいの網を置いておけば、その上にトイレットペーパー置き場を作ることも可能です。同じ発想で、各部屋にもすき間がある場合には小さな収納をいくつも作ることが可能になります。

ただこの場合に気をつけておきたいのは、釘などを使わずに固定することです。賃貸物件を退去するときには原状回復義務がありますので、釘の穴をあけてしまった場合に原状回復をしなければならず、余計にお金がかかってしまう恐れがあります。

網走の賃貸物件の周辺にある交通環境は、電車での移動は運航本数の少なさから、もっぱら車での移動となります。周辺には、流氷が接岸する港や緑豊かな山々が点在しており、自然を身近に感じることができる地域です。